So-net無料ブログ作成

名古屋市博物館 [日記・雑感]

昨日、グループ展の搬出をしてきました。


小学生の社会科の学習のためだと思いますが、
博物館では、毎年この時期、
企画展で、昔の道具の展示をしています。

時間があったので、
展示を見てきました。
映画の「三丁目の夕日」の世界のようでした。
なかなか楽しかったです。

むか~~し、私が小さい頃に見たことがあるものも・・・。^^;


昔の居間の再現です。
DSCN2564.JPG

DSCN2561.JPG

蚊帳もありました。
DSCN2574.JPG

懐かしい黒電話です。
DSCN2572.JPG

足踏みミシンも、うちにありました。
DSCN2568.JPG

この井戸は、
「三丁目の夕日」というより、
水戸黄門の世界ですね。^^;
DSCN2575.JPG

3種の神器ですね。
DSCN2580.JPG


名古屋市博物館には、
何故かロダンの「考える人」もあります。
DSCN2582.JPG




朝日 [日記・雑感]

この頃、仕事に出かける途中、
背中から、朝日が射してきます。

気温は、1~2度でしょう。
帽子を被り、ふかふかのマフラーを首に巻いていても、
自転車に乗っていると、寒さが体に染み込んできます。

でも、く薄暗がりを走っている中に射してくる朝日には、
心が沸き立つものを感じます。


まだまだ寒さは続くでしょう。
少しずつ早くなる朝日を、
ありがたく、励みに感じます。


IMG_0213.JPG

IMG_0214.JPG

IMG_0215.JPG

IMG_0218.JPG

まだ、お月様も見えました。
IMG_0216.JPG




梅の蕾 [花]

毎日寒い日が続いて、
雪が降る地域の方は、
大変な思いをしてみえるこの頃です。


そんな中、
アトリエの梅は、
今、こんな感じです。

冬の間も、山茶花の花は咲いているアトリエですが、
毎年、梅の花が咲いた時の嬉しさは、ひとしおです。


今年も、梅の蕾を何度も見上げながら、
その日が来るのを、
楽しみに待っています。


アトリエの梅です。
紅白、3本の梅があります。
IMG_0271.JPG

IMG_0276.JPG

IMG_0209.JPG

IMG_0210.JPG

IMG_0211.JPG

IMG_0212.JPG

体調を崩しています。
訪問、コメントともに遅くなります。
申し訳ありません。



やっと初詣 [日記・雑感]

1月も下旬になって、
やっと初詣に行ってきました。
近くの塩竈(しおがま)神社です。

本当は、お正月早々、
人で賑わう風情たっぷりの神社に行きたかったのですが、
2日から仕事を始めてしまったので、
なかなか時間を作ることができませんでした。


初詣と言っても、
時期外れの早朝に行ったので、
他にどなたもみえず、
社務所が閉まっていて、おみくじも引けず・・・。[もうやだ~(悲しい顔)]

ただ、太いしめ縄飾りが、
新年の情緒を漂わせていました。


大寒を過ぎて、
厳しい冷え込みの中、
心を込めて、
今年の健康と安全と幸せを、お願いしてきました。[わーい(嬉しい顔)]


名古屋市天白区にある塩竃神社です。
IMG_0165.JPG

もう、梅の花(だと思います)が咲いていて、綺麗でした。
IMG_0167.JPG

IMG_0181.JPG

焼き物でできた狛犬が、とても良かったです。
IMG_0183.JPG

IMG_0184.JPG

山門のしめ縄が見事でした。
IMG_0170.JPG

IMG_0172.JPG

本殿。
IMG_0177.JPG

こちらは、要件によって、
絵馬が三種類もあります。
IMG_0189.JPG

IMG_0190.JPG

IMG_0191.JPG

すぐに赤松に目がいってしまう私。
職業病です。[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
IMG_0196.JPG

体調を少し崩しています。
訪問、コメントともに遅くなることを、お許しください。

なくなってしまった。 [陶芸]

やっと見つけて、
切り出しを続けていた赤松ですが、


業者が全部持っていってしまいました。[もうやだ~(悲しい顔)]


こんなに早く業者が来てしまうと思っていませんでした。
まだまだ赤松が残っていたので、
ショックでした。


年明けすぐに、
あちこち電話で探して、
やっと赤松を見つけ、
何とか一窯焚けるくらいの赤松を手に入れることができました。


恒久的に赤松が手に入ると安心なのですが、
そう簡単にはいかないようです。
こんな時代に薪窯を焚き続けるためには、
根気と努力が必要です。

でも、本気で何とかしたいと思っていれば、
何とかなるように思います。


新しい赤松が伐採されていないか、
様子を見にいきながら、
制作と、近づきつつある窯焚きに、
精力的に取り組もうと思います。


赤松がいっぱいだった材木置き場。
IMG_0220.JPG

今の状態。
IMG_0202.JPG

IMG_0203.JPG

この光景に、しばし空を見上げてしまいました。
IMG_0204.JPG

これだけ、手に入れることができました。
ありがたいです。
IMG_0099.JPG


グループ展 [陶芸]

昨日、久しぶりのグループ展の搬入に行ってきました。

このグループ展は、毎年この時期に、
名古屋市博物館で行われます。


昨年も出品しました。

昨年の受付の忘備録を昨日初めて見ました。

私の作品に興味をもたれ、
お連れと一緒に、
3回も来てくださった方がみえたそうです。

大変驚き、
とても嬉しく思いました。


今年の作品は、
見てくださる方に、
どんな印象を与えるのでしょうか。

私の分身が、
どなたかの心に届くことを願っています。


お近くでお時間のある方は、
お出でいただけますと、
大変ありがたいです。

名古屋市博物館 3F ギャラリー5
1月26日(水)~30日(日)


名古屋市博物館。
IMG_0224.JPG

「天をめざして」
IMG_0234.JPG

IMG_0228.JPG

IMG_0236.JPG

IMG_0227.JPG

IMG_0238.JPG

IMG_0237.JPG

IMG_0241.JPG

IMG_0245.JPG

IMG_0243.JPG


ミスフラワー~新春~ [花]

新年なって、
花屋さんミスフラワーの店先を覗きました。


パンジーやビオラが、寒さに凍えてみえる中、
可愛く咲いている花を見つけました。

ポリアンサスです。
寒さに強いらしく、
花びらも傷んでいませんでした。
IMG_0211.JPG

IMG_0210.JPG

IMG_0208.JPG

水が氷っていました。
IMG_0214.JPG

パコパというそうです。
白くて可憐です。
IMG_0205.JPG

IMG_0207.JPG

何に「ありがとう」なのかな。
IMG_0206.JPG

私は、
このブログに来てくださった方に、
「ありがとう」。[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]



新作 [陶芸]

3月の窯焚きに向けて、
大作を制作しています。

デフォルメが大きいので、単純には言えませんが、
下半身だけなら実物大以上です。
粘土は90kg使いました。


やっと成形が終わり、
切断して、中身をくり抜き出しています。


今回は作品が大きいので、
再び合体して窯入れすることができません。
パーツで焼いて、
焼成後合体します。


今回の個展の代表作になるはずです。
成功させたいです。


この作品は、まだ中に粘土が詰まった状態です。
IMG_0062.JPG

右足・右のお尻・左のお尻・左足と、
人体という造形を借りた、
量感のムーブメントを表現したいです。
IMG_0067.JPG

すみずみまで緊張感を持たせたい。
IMG_0068.JPG

IMG_0065.JPG

IMG_0069.JPG

切断のために、
墨で印を入れます。
IMG_0071.JPG

IMG_0072.JPG




再び鰻 [日記・雑感]

急に力仕事が増えた私。
この頃上半身は、
鏡の前でポーズを取って遊ぶほど、
プチマッチョです。[わーい(嬉しい顔)]

そして、よくお腹が空きます。


アトリエに丸太を運ぶ途中、小休止して、
薪置き場とアトリエの中間地点にある鰻屋さん「やすじ」に入りました。
ここは、老舗の鰻屋さんから暖簾分けをしたお店で、
割とお値打ちに鰻が食べられます。

しかも美味しい。[揺れるハート]


ここの鰻は、
しっかり香ばしく焼いてあって、
濃厚な味付けです。
田舎ぽいと言えなくもないですが、
田舎者の私にはぴったりです。



うな丼定食。
IMG_0074.JPG

香ばしく焼いた鰻。
濃厚なたれ。
お値打ちなのに、鰻は二段になっています。
IMG_0076.JPG

とろろはこの地方で、よく食べます。
IMG_0077.JPG

玉子焼きはあっさり味です。
IMG_0078.JPG

漬物はシャキシャキ。
IMG_0080.JPG


力仕事の合間の食事には、
大満足です。
[わーい(嬉しい顔)][ハートたち(複数ハート)]

雪の岩屋堂 [日記・雑感]

またまた、雪記事です。
すみません。[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

雪が降り続く中、
岩屋堂公園を少し散策しました。

私はどの季節も、岩屋堂が大好きです。
雪の岩屋堂はどんなに綺麗だろうと思って、
なんちゃってスタッドレスを履いている危険も顧みず、
行ってみました。

岩屋堂に雪見に来る物好きは他になく、
雪が深々と降る中、
静かに散策を楽しめました。


木々も岩も、すっかり雪を被っていました。

この川に、水遊びする子どもたちの
楽しそうな声が響くのは、
まだまだ先のことですね。


氷ったプールの上に、
雪が積もり始めていました。


IMG_0085.JPG

かなり激しく雪が降っていました。
IMG_0084.JPG

四季咲き桜も、雪の中凍えているようです。
IMG_0087.JPG

IMG_0090.JPG

IMG_0089.JPG

IMG_0094.JPG

子どもたちの歓声が、
耳の奥でこだまします。
IMG_0097.JPG





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。