So-net無料ブログ作成

作品の仕上げ [陶芸]

窯焚きの後、
今は作品の仕上げをしています。

私の作品は、その形状から、
完成した形で焼成できないことが多いです。


例えば、長い足を成形の段階でくっつければ、
窯入れの時に破損します。


なので、焼成後、
作品を接着・合体させる必要があります。


まず、エポキシ接着剤で接着します。
IMG_0039.JPG

IMG_0040.JPG

IMG_0041.JPG

次に、ホームセンターなどで売っている、
車用のパテで、接続部分の形状を整え、
さらに補強します。
IMG_0043.JPG

IMG_0045.JPG

IMG_0046.JPG

最後に、パテにカシュー塗料を塗って色の違和感をなくし、
細かく砕いた陶片(ほとんど粉)をカシュー塗料に接着して、
接続部分の違和感を、
極力なくします。
IMG_0049.JPG

そし、作品がやっと完成します。
最高に幸福な時です。



窯出し [陶芸]

随分、アップを休んでしまいました。

少し前になりますが、
窯出しの模様をお知らせします。


窯出しの時は、いつもどきどきします。

思った通りに焼けているだろうか。
薪が当たって、破損してはいないだろうか。
その他、何かトラブルは起こっていないだろうか。


耐火モルタルで隙間を埋めた、
搬入口を丁寧に開け、
煉瓦を一つ一つ外します。
IMG_0032.JPG

窯内の温度は、約80℃でした。
IMG_0033.JPG

中を初めて見た時は、
いつも感動します。
IMG_0036.JPG

作品をぶつけないように、
灰でくっついているところは慎重に剥がして、
一つずつ運び出します。
IMG_0038.JPG

今回の窯焚きは、満足がいき、
成功と言えます。
嬉しかったです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。