So-net無料ブログ作成

国立新美術館 [アート]

私が参加した公募展は、
東京六本木の国立新美術館で催されました。


大変美しい建築でした。

黒川紀章の設計だと聞いています。

冬の寒い日でしたが、
ガラスから差す光が、輝いていました。


ギャラリーショップも充実してしていて、
私は、そうさんのウンチでできたメモ用紙を買ってきました。

私は、今回銀賞をいただくことができました。


来年も是非参加したいと思います。

IMG_0564.JPG

IMG_0565.JPG

IMG_0567.JPG

IMG_0568.JPG

IMG_0569.JPG

公募展の会場や、
私の作品を撮り忘れました。[ふらふら]


アトリエの絵 [アート]

昨年の夏に、友人の水彩画家が、
アトリエに絵を描きに来ました。

「アトリエに行ってみたい。」と言うので、
場所を知らせたら、
スケッチの用意を背負って、
自転車でやってきました。


私が、アトリエの中で制作している間、
アトリエの庭でスケッチをしていました。

しばらくして、
「蚊がすごい。」と言って、
アトリエの中に戻ってきました。


その数か月後、
私はこの絵をもらいました。

元のスケッチには私はいません。
アトリエの中にいたので。
こんなポーズで空を見上げる、
それが、私のイメージなのでしょうか。


いい絵だな~と思って、
自宅のリビングの、
私が座っているところから、
良く見える壁に飾ってあります。


でも、
「またアトリエに行きたい。」と言われた時、
断ってしまいました。
アトリエでは、私は極力のんびりしたくて、
客が来ている間の緊張感が苦手です。

「窯の絵が描きたかった。」と、
あとで言われました。
きっと、良い絵になったと思います。


IMG_0640.JPG





原美術館 [アート]

東京の私の公募展を見に行ったついでに、
美術館巡りをしてきました。

東京は、やはり、面白い美術館がいっぱいですね。


私の東京の定宿は、
品川にある御殿山ヒルズ ホテル ラフォーレです。

少し不便ですが、
師匠が取引があった関係で、
少し割引がきくのです。


その真横にあるのに、今回初めて行ったのが、
原美術館です。


ものすごく面白い企画展をしていました。
名前は忘れちゃったんですけど・・・。[あせあせ(飛び散る汗)]

斬新で、美しかったです。
来て良かったです。


IMG_0570.JPG

IMG_0572.JPG

IMG_0573.JPG

IMG_0574.JPG

IMG_0575.JPG

IMG_0579.JPG

[exclamation×2]
すごく面白いでしょ。[わーい(嬉しい顔)][揺れるハート]

これが、この企画展の題でした。
IMG_0581.JPG

※ 写真撮影がOKでした。[手(チョキ)]


個展を終えて [アート]

2年ぶりの個展が終わりました。

私を助けてくださった方々。
また、猛暑の中、
個展会場に足を運んでくださった方々。
本当に心から感謝しております。


偶然来てくださった方の
「こんなの初めて見た。来て良かった。」という言葉や、
DMをお送りして、毎回個展を覗いてくださる知人の、
「元気をもらいに来たよ。」という言葉に、
私自身が力をいただく毎日でした。


創作し、自分を表現する手段をもっていることを、
改めて幸福だと思いました。


大袈裟に聞こえるかもしれませんが、
この一週間を終えて、
生きていることがとても楽しいと思います。

これからも、
私の「プリティーウーマン」を創り続けたいと思います。


本当に本当に、ありがとうございました。


IMG_0368.JPG

IMG_0373.JPG

IMG_0384.JPG

IMG_0371.JPG

IMG_0356.JPG

IMG_0374.JPG

IMG_0376.JPG

坐花酔月(ざかすいげつ)
花の季節、月を観ながら酒に酔う。
IMG_0383.JPG

竹林眠(竹林に眠る)
アトリエで昼寝している私。^^;
IMG_0386.JPG

サヨナライツカ(辻仁成の詩)
IMG_0389.JPG

IMG_0387.JPG

大島豊湖(花梢)展 [アート]

個展前半の三日間が過ぎました。
毎日個展会場にいます。

無事に搬入を終え、開幕を迎えることができました。
会場のディスプレイも、
ほぼイメージ通りになりました。

名古屋市の繁華街、栄の真ん中にある会場で、
DMをお送りした方以外にも、
沢山の方が来てくださっています。


「こんなの初めて見た。感激した。」
と言ってくださる方が多くて、私の方が感激しています。

強いデフォルメの理由を尋ねられることも多く、
お客様との一期一会の交流を楽しんでいます。


また、お客様が誰もいない一人の時間、
スッポットライトを浴び、
晴れ舞台に立っている私の作品たちとの対話を楽しんでいます。

実は、その時間が、
今後の私にとって、とても重要に思います。

作品たちの中に、
次への道筋があると思っています。


後半の三日間、
晴れ舞台の作品たちと自分自身を
十二分に楽しみたいと思います。


個展会場風景。
IMG_0345.JPG

IMG_0346.JPG

私の作品たち。
ライトを浴びて、輝いています。
IMG_0351.JPG

IMG_0353.JPG

IMG_0354.JPG

IMG_0359.JPG

IMG_0360.JPG

書道作品。
「カレーライス」
表具はいつも表具屋さんにお任せでお願いしているのですが、
茶色の表具に白い紙。
本当にカレーライスのように仕上がっていて、
表具屋さんに完敗!と思いました。
IMG_0349.JPG

DMに使った「愛閑静」・・・閑静を愛す
IMG_0379.JPG

薪火
IMG_0378.JPG


個展直前 [アート]

ごぶさたしてしまいました。

個展のDMに、
「暑い日が続きますね。」と書き添えたことが恥ずかしくなるくらい、
ここのところ名古屋は、涼しい日が続いています。


個展初日まで、ちょうど1週間になりました。
準備も、やっとほぼ完了しました。

今、最も気がかりなことは、
8日の搬入です。


前回の会場は、アトリエから近く、
作品を車4台に平積みして行きました。

搬入口と個展会場も同じ階で、近く、
無事、搬入することができました。


今回は、地下3階の搬入口に、
車を2台しか入れることができません。
しかも、1機しかない搬入用エレベーターを使って、
展覧会を催す12グループが一気に、7階と8階の展覧会場まで、
作品を運び入れます。

そのために、今回は、
作品を上積みするために、段ボールで梱包しました。

作品が大きいので、規格の段ボールにはなかなか入らず、
切り張りして、棺桶のような箱を幾つも作りました。

その頃の名古屋はとても暑くて、
あごから汗がしたたりました。[ふらふら]


もう一つ気がかりなことは、私には男手がありません。^^;
アトリエの近くに住む、
母校の大学のラグビー部の男の子に、
アルバイトを頼みました。

力持ちであることは折り紙つきですが、
大変デリケートな陶芸作品を、
破損させることなく運搬するには、経験が必要です。
美術に無関係な男の子にできるかどうか・・・。


しかし、気を揉んでばかりいても仕方ありませんね。
納得のいく個展にするために、
ベストを尽くしたいと思います。

私のこの2年間の人生そのものと言える作品を、
できるだけ多くの方に見ていただき、
その表現の中に、
何かを感じていただけたら、
本当に幸いです。


お近くの方は、どうか足をお運びください。
個展会場にて、お待ちしています。


大島豊湖(花梢)展
8月9日(火)~14日(日)
AM9:30~PM6:00(最終日5:00)
名古屋市民ギャラリー栄
7階第4展示室


梱包を終えた段ボールの山。
IMG_0320.JPG

IMG_0322.JPG

出番を待つ作品です。
IMG_0324.JPG

アトリエの庭に咲いたヘクソカズラです。
IMG_0326.JPG












DM [アート]

個展のDMができました。

2年前の前回と同じ、
ソネットのブロガーでもある、takagakigumiさんに、
制作をお願いしました。

撮影の様子は、以前も紹介しましたが、
実は、takagakigumiさんは、
はるばる郡上八幡から、
撮り直しに来てくださいました。


こうしてでき上がったのが、このDMです。
とても気に入っています。

お習字の文字は「愛閑静」で、
「閑静を愛す」と読みます。

このお習字の作品も、もちろん個展に出します。
「カレーライス」の詩とともに。^^

閑静を愛しているのも私であり、
カレーライスを人にぶつけたくなる衝動がわかるのもわたしです。


kasho D_4.jpg

硯箱 [アート]

お習字をしていると,
良い筆や良い硯,良い墨が欲しくなります。

そして,そうそう買い換えるものではありませんが,
文鎮や硯箱も,素敵なものがいいなと思います。


今回,私としては超贅沢をして,
硯箱を購入しました!!^^


木工をしている大学時代の友人に,
1年半以上も前に頼んでおいたものが,
この度やっと出来上がってきました。


栃の木の縮杢(ちぢみもく)とう材料で,
漆を塗って仕上げられています。

素晴らしい硯箱で,
使うのが惜しいくらいです。


丹精込めて作っていただいて,
ありがたく思いました。
大事に使って,
お習字に,更に力を入れたいと思ったのでした。


桐の箱に入っています。
DSCN1663.JPGDSCN1664.JPG

川口清三さんの作品です。
DSCN1665.JPG

見事な木目です!
DSCN1667.JPG

DSCN1668.JPG

筆置きも付けてくれました。
DSCN1671.JPG

お揃いの文鎮を,以前から使っています。
使いやすくて,これも大変気に入っています。
DSCN1717.JPG


窯詰め [アート]

成形が終わった作品を,破損させる可能性が最も強いのは,
窯詰めです。

窯詰めとは,文字通り,作品を窯の中に詰め込む作業です。


粘土は,乾燥した状態が最ももろいです。

私の作品のような複雑な形状のものを,
保管場所から窯場に運び,
狭い窯口から無事窯詰めするのは至難の業です。

もちろん,窯焚きで爆発する危険がないわけではありませんが,
無事に窯詰めを終えた時は,
とにかく,ほーーーーーーーっとします。


次の窯焚きは,来年3月末の予定です。
窯詰めを考えると,今から緊張します。

ハラハラドキドキを積み重ねるからこそ,
無事に完成した時の喜びは,ひとしおなのかも知れません。


窯詰めを待っている作品達。
DSCN0475.JPG

無事に焼きあがるといいなあと思いつつ,見ています。
DSCN0470.JPG


コンペ [アート]

コンペやコンクールにもっと応募すべきだろうかと思うことがあります。

肩書きで物を見る人も世の中多いので,
公募展に入賞すれば,作品展が開きやすくなります。
当然,作品の値段も上がります。

諸々,仕事がしやすくなりそうです。


でもでも。
いわゆる「陶芸」作品からは,私の作品ははみ出しています。
「クラフト」は,作品の再現性が必要です。
「彫刻」には,屋外展示の耐久性が求められます。

それに,
ただただ,自分の創りたい作品を無心に創ることが,
私らしいかなという思いもあります。


正解なんかないかもしれないけど,
あまり余分なものを求めず,
健康で,このまま一生,土と火と戯れていられれば,
今は,それで幸せです。


ただ一度,コンペに応募した作品。
2009越後妻有トリエンナーレ陶芸公募展入賞
A-UN
DSCN0769.JPG
DSCN0771.JPG



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。