So-net無料ブログ作成

薪割り [陶芸]

台風の被害は大丈夫でしたでしょうか。
心配しております。


随分涼しくなり、屋外の虫も減ってきたので、
薪割り作業を始めました。

私の薪割り機は、ホームセンターで5万円弱で求めたものです。
最近は、都会でも薪ストーブをインテリアで使う人が増えたので、
名古屋のホームセンターでも薪割り機が手に入ります。

でも、師匠は60万円もする林業用の本格的な薪割り機を使っています。
何が違うって、その破壊力です!

師匠のは、エンジン式でかなり太い丸太でも即座に真っ二つです。
私のは電動で、少し太いとウウウ・・・と言いながら止まってしまいます。


しかし、他のことは男の弟子と変わりなく私にやらせた師匠が、
この薪割り機だけは、私にさせませんでした。

よく乾いた薪は、割った拍子に跳ね飛ぶことがあって、大変危険です。
私の顔にでも当たることが怖かったのでしょう。


その点、私の薪割り機は比較的安全です。
力が弱くても、コツをつかみ、根気良くやれば大丈夫。

窯焚きの様子を思い浮かべながら、こつこつと、
楽しく薪割りをしている今日この頃です。


私の可愛い薪割り機です。^^
IMG_0414.JPG

必ずラジオも出して、
お気に入りのZIP FMを聴きながら薪割りしてます。
まだ、蚊取り線香も必需品!
IMG_0415.JPG

レバーとボタンを押すと、左側のバーが移動してきて薪を押します。
IMG_0416.JPG

IMG_0417.JPG

こんな風に気持ち良く割れる時は最高な気分です。
節があるとなかなかしぶとい。
IMG_0418.JPG

秋真っ盛り。
アトリエの栗も最盛期です。
でも、大半はイノシシが食べちゃう。
IMG_0454.JPG

IMG_0455.JPG

新作 [陶芸]

窯焚きが終わり、
初めての作品の成形が終わりました。

最近、個人的に気分が憂鬱になることがあり、
それを反映しているような作品になりました。


「制作したい心境じゃないんです。」と言うと、
私の師匠は、
「制作したくない心境の作品を創れ!
 面白いものができる。」
と言う人です。^^;

でも、
「勤め人みたいに創らんでいい。
昼寝したい時は、寝とりゃいい。」
とも言います。
全く面白い人なのです。

確かに、ピカソも、
「ゲルニカ」を、ルンルン気分で描いてはいなかったでしょう。

憂鬱的作風も楽しいと、
今回思いました。
いずれにしても、
自分を表現できる手段をもっていることは
幸せですね。

でも、次回作は、
元気ハツラツでいきたいと思います。

IMG_0148.JPG

IMG_0149.JPG

IMG_0150.JPG

IMG_0151.JPG


作品の仕上げ [陶芸]

窯焚きの後、
今は作品の仕上げをしています。

私の作品は、その形状から、
完成した形で焼成できないことが多いです。


例えば、長い足を成形の段階でくっつければ、
窯入れの時に破損します。


なので、焼成後、
作品を接着・合体させる必要があります。


まず、エポキシ接着剤で接着します。
IMG_0039.JPG

IMG_0040.JPG

IMG_0041.JPG

次に、ホームセンターなどで売っている、
車用のパテで、接続部分の形状を整え、
さらに補強します。
IMG_0043.JPG

IMG_0045.JPG

IMG_0046.JPG

最後に、パテにカシュー塗料を塗って色の違和感をなくし、
細かく砕いた陶片(ほとんど粉)をカシュー塗料に接着して、
接続部分の違和感を、
極力なくします。
IMG_0049.JPG

そし、作品がやっと完成します。
最高に幸福な時です。



窯出し [陶芸]

随分、アップを休んでしまいました。

少し前になりますが、
窯出しの模様をお知らせします。


窯出しの時は、いつもどきどきします。

思った通りに焼けているだろうか。
薪が当たって、破損してはいないだろうか。
その他、何かトラブルは起こっていないだろうか。


耐火モルタルで隙間を埋めた、
搬入口を丁寧に開け、
煉瓦を一つ一つ外します。
IMG_0032.JPG

窯内の温度は、約80℃でした。
IMG_0033.JPG

中を初めて見た時は、
いつも感動します。
IMG_0036.JPG

作品をぶつけないように、
灰でくっついているところは慎重に剥がして、
一つずつ運び出します。
IMG_0038.JPG

今回の窯焚きは、満足がいき、
成功と言えます。
嬉しかったです。

窯焚き [陶芸]

無事、窯焚きを終えました。
3日間、焚きました。

最初の晩は、あぶりといって、
200℃くらいでじっくりと焚きます。
二日目の明け方から、攻め焚きに入り、
温度をどんどん上げていきました。

3日目の朝に、目標の1230℃に達しました。
あとは、この温度をキープします。
この時間が長いほど、
作品に灰が掛かって、釉薬のようになります。


窯が高温になった時、
焚き口を開けるのは、
その度に覚悟が要ります。

風向きによっては、
煙突から空気が逆流して、
焚き口を開けた途端に、
1200℃の炎が噴き出すこともあります。

熱や炎に対する恐怖を抑え込んで、
窯の中で起きていることを想像し、
空気量や薪の種類や量を調節しながら、
温度を徐々に上げていきます。


窯焚きは、
大人の最高の火遊びです。

今は、
無事に終えた達成感と、
祭りの後の寂しさのような気持ちを感じています。


窯出しは25日の予定です。
ものすごく楽しみです。

薪を投げ込む度に、
ものすごい煙が煙突から上がります。
IMG_0019.jpg

IMG_0018.jpg

IMG_0017.jpg

温度計
IMG_0014.jpg

IMG_0015.jpg

薪投げをしている私。
純綿の服、純綿の軍手の2枚重ね、
髪の毛に火が燃え移るので帽子は必需品です。
IMG_0020.jpg

IMG_0021.jpg

IMG_0022.jpg

1200℃の窯。
カメラが溶けそうなので、
あまり近くで撮れません。
IMG_0026.jpg

3月20日午後5時消火。
急冷しないように、
焚き口に煉瓦を詰めて、
モルタルを塗ります。
IMG_0027.jpg

窯の中の作品の焼き上がりを、
祈るのみです。

窯詰め [陶芸]

東北関東大震災で被災された皆様、
本当に悲しく思っております。

ただただ、一人でも多くの方のご無事を祈っております。


長くブログをお休みしてしまい、
何度か覗いてくださった方もあり、
申し訳なく思います。


持病を少し悪くしておりました。


そんな中でも、窯焚きの予定は近づき、
いよいよ窯詰を終えました。


体がしんどいなんて言っていられません。
やらねば!!!と言う気持ちでいます。


私の窯です。
一昨年の夏に自分で造りました。
「名前はまだない。」です。
DSCN2590.JPG

窯詰め前の窯の中です。
DSCN2592.JPG

窯詰めを終えたところです。
小指が取れているのが、わかられるでしょうか。
どんなに気をつけても、
こうしたことが起こってしまいます。
でも、後悔せず、前へ前へ進むしかありません。
DSCN2593.JPG

DSCN2596.JPG

DSCN2604.JPG

「せんべい」と私達は呼んでいます。
作品がくっついてしまうので、
この土を、
全ての作品の下や作品同士の接地点に置きます。
備前焼では、
この土の跡が、作品の模様になります。
DSCN2605.JPG

普通は本焼きの前に素焼きをしますが、
私は作品の破損が怖いので、
いきなり本焼きします。
そのために、2度、
200℃程度のあぶりをしました。


お神酒を供え、塩をまいて、
窯焚きの安全を祈りました。


炎の揺らめきを見るのは、大好きです。
薪から出る煙の匂いも。
自分の中から力が沸き起こる感じがします。
DSCN2609.JPG

いよいよ、不眠不休の窯焚きが始まります。


今回の大地震が起きた時、
私はアトリエにいませんでした。

この地域は震度4でした。

「3匹のこぶた」のように、煉瓦を積み重ねた私の窯が崩れず、
窯が焚けることを、
本当にありがたく思います。





ぐい吞み [陶芸]

仕事柄か、単に酒好きだからか、
私の家にはかなりの数のぐい吞みがあります。

気に入って買ったり、
いただいたり。


画廊や骨董屋や食器店で、気に入ったぐい吞みを見つけると、
これでお酒を飲んだら、
どんなに美味しいだろうと、
ついつい買ってしまいます。

それが、大概0は4つは付きます。


そんな金を使うなら、
Hのマークのハンドバックでも買えよですよね。


でも、いいぐい吞みの魅力には逆らえないのですよね。


今夜は、林邦佳さんの染付銀彩で、「空」を飲みます。


IMG_0624.JPG

IMG_0625.JPG

IMG_0626.JPG

IMG_0629.JPG



日向ぼっこの姫。 [陶芸]

3月の窯焚きを前に、
お天気の良い日は、
作品を外に出して、
天日乾燥させています。

作品をぶつけて傷めたりしないように、
外にだすのは、
なかなか大変なのですよ。


それでも、お日様にぽかぽか照らされている作品を見るのは、
いいものです。

私は大事な姫たちの言いなりです。


IMG_0608.JPG

IMG_0604.JPG

IMG_0605.JPG

IMG_0607.JPG


訪問・コメントが遅れる事、
どうかお許しください。



 [陶芸]

桜、と言っても花の話ではありません。

赤松はなくなってしまったのですが、
桜の木が伐り出されたから要らないかと、
連絡をもらいました。


実は窯焚きには赤松と同量くらい、
その他の雑木を使います。

雑木は赤松より燃えにくいので、
急に窯の温度を上げたくない時には、
赤松より便利です。

赤松と雑木を微妙に組み合わせて、
窯の温度を調節しながら上げていきます。

でも、雑木は、
シイでもカシでもケヤキでもサクラでもヒノキでも、
何でもいいので、
赤松よりずっと入手しやすいのです。


でも、もっていっていいと言われれば、
当然、いただきに行きました。
桜。[わーい(嬉しい顔)][るんるん]

桜をいただいたのは、久雲寺というお寺さんです。
IMG_0272.JPG

IMG_0276.JPG

蝋梅が綺麗でした。
IMG_0279.JPG

すごい勢いで、桜が伐られてますよね。^^;
この方、
林業関係者ではなく、
ご住職です。
IMG_0280.JPG

またまた、フィット、大活躍。[わーい(嬉しい顔)][揺れるハート]
IMG_0283.JPG

なくなってしまった。 [陶芸]

やっと見つけて、
切り出しを続けていた赤松ですが、


業者が全部持っていってしまいました。[もうやだ~(悲しい顔)]


こんなに早く業者が来てしまうと思っていませんでした。
まだまだ赤松が残っていたので、
ショックでした。


年明けすぐに、
あちこち電話で探して、
やっと赤松を見つけ、
何とか一窯焚けるくらいの赤松を手に入れることができました。


恒久的に赤松が手に入ると安心なのですが、
そう簡単にはいかないようです。
こんな時代に薪窯を焚き続けるためには、
根気と努力が必要です。

でも、本気で何とかしたいと思っていれば、
何とかなるように思います。


新しい赤松が伐採されていないか、
様子を見にいきながら、
制作と、近づきつつある窯焚きに、
精力的に取り組もうと思います。


赤松がいっぱいだった材木置き場。
IMG_0220.JPG

今の状態。
IMG_0202.JPG

IMG_0203.JPG

この光景に、しばし空を見上げてしまいました。
IMG_0204.JPG

これだけ、手に入れることができました。
ありがたいです。
IMG_0099.JPG


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。